大学ニュース

大学ニュース

神奈川工科大学が「光る色素で3Dプリンタでの造形物内に情報を埋め込む新技術」を開発

2017年11月10日
神奈川工科大学(神奈川県厚木市 学長:小宮一三)とDIC株式会社は、近赤外蛍光色素を用いて3Dプリンタ造形物内に情報を埋めこむ新技術の開発に成功した。これにより、3Dプリンタ造形物の高付加価値化が可能となり、3Dプリンタの新たな応用・活用が期待できる。


3Dプリンタの製造物に情報を付加できるようになると、IoTとして利用が可能になるようです。
具体的にどのように情報を組み込むのか説明を見ましたが、私には理解できませんでした。

新しい技術を聴くとその技術を使用してどのような未来になるか考えてとても胸躍ります。

お問い合わせ

資料請求・デモ依頼・お見積りのご依頼など、お気軽にご相談ください。

お電話での問い合わせ

052-229-0337

受付時間 平日9:00~18:00

WEBでの問い合わせ

お問い合わせ

通常、1~2営業日以内に回答いたします。