大学向けのシステムパッケージを販売、開発している愛知県名古屋市の会社です

全国9地域での大学ブランド浸透度 日経BPコンサルティング調査

TOP > 大学ニュース > 全国9地域での大学ブランド浸透度 日経BPコンサルティング調査

全国9地域での大学ブランド浸透度 日経BPコンサルティング調査

2012-11-26 11:37
日経BPコンサルティングは、「大学ブランド・イメージ調査 2012-2013」の結果をまとめ、2012年11月21日に調査結果報告書を、発行・発売した。今回で6回目を迎えるブランド・プロジェクトである。


全国の468大学を「首都圏」「近畿」のほか、「北海道」「東北」「北関東」「甲信越」「北陸・東海」「中国・四国」「九州・沖縄・山口」の9つの地域に分割し、それぞれの地域で調査を実施。
同地域在住のビジネス・パーソンや、中学生以上の子供のいる父母、また教育関連従事者の視点から回答を得た。
大学の「認知度/認知経路」「採用意向度」「入学推薦度」や「子供の進学に対する意識」などのほか、「地域産業への貢献度」や「研究施設の充実度」、また学生の「語学力」や、「コミュニケーション能力の高さ」など、大学や在学生へのブランド・イメージ49項目を測定し、それらをまとめた大学ブランドスコア(=大学ブランド力指数。偏差値)を算出してランキング化している。

今回の調査の結果、各地域の「大学ブランドスコア」(大学ブランドの総合力を示す指数)
第1位は、北海道大学(北海道編)、東北大学(東北編)、筑波大学(北関東編)、
信州大学(甲信越編)、東京大学(首都圏編)、名古屋大学(北陸・東海編)、京都大学(近畿編)、
広島大学(中国・四国編)、九州大学(九州・沖縄・山口編)となった。



今回、大学の認知経路についても尋ねているが、「大学ブランド力」上位となった東京大学や明治大学をはじめとして、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)からの認知が少しずつ増えている。
こういった新しいメディアをいち早く取り入れ活用する例も増えており、今後の広報のあり方に変化が生まれていることも垣間見られる。
(日経トレンディネットより)


「首都圏」「北陸・東海」ともに、多少順位の入れ替わりがあるが、上位10校の顔ぶれは昨年と全く同じです。
卒業後の活躍が大学のブランド力に大きく影響を与えると思うので、数年で一気に上げることは難しいかもしれません。
しかし、大学のニーズが多様化しているため、特定の分野で結果を残せば、SNSなどで評判が急速に拡がることもありえる。
戻る

Address

イメージ画像

〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦一丁目17-26
ラウンドテラス伏見ビル3F
TEL:052-229-0337 / FAX:052-229-0336

アクセスマップ

お問い合わせ、デモ依頼及び、その他資料請求などございましたらお気軽にどうぞ。


株式会社ジャスウィル 電話番号0522290337 WEBお問い合わせ