大学向けのシステムパッケージを販売、開発している愛知県名古屋市の会社です

大学図書館調査 「アクティブ・ラーニング・スペース」が前年比35%増加

TOP > 大学ニュース > 大学図書館調査 「アクティブ・ラーニング・スペース」が前年比35%増加

大学図書館調査 「アクティブ・ラーニング・スペース」が前年比35%増加

2014-03-26 21:57


文部科学省は25日、国公私立大学の大学図書館やコンピュータ・ネットワーク環境の現状を明らかにする2013年度「学術情報基盤実態調査」の調査結果を発表した。

それによると、「大学図書館編」では、学生の主体的な学修のベースとなる図書館の機能強化の一環として、「アクティブ・ラーニング・スペース」を整備する図書館数が306館で、2012年(226館)より35%増加した。

また、高額な外国雑誌・電子ジャーナル購入の経費確保が多くの大学(全体の79.7%)で課題として挙げられている。

「コンピュータ及びネットワーク編」では、大学内の情報システムの一部(または全て)を学内の情報センターや学外施設に集約してクラウド化し運用している大学は、全大学の62.8%(486大学)あり、2012年度(429大学)より57大学増加した。

教育へのICT 活用として、講義のデジタルアーカイブ化を実施している大学は、全大学の23.9%(185大学)だった。

MOOC等の取り組みの前提となる双方向の参加が可能な講義として配信している大学は、2.6%(20大学)となった。




大学図書館の運営経費は、緩やかに減少傾向(総額で0.5%減)にあるなか、
電子ジャーナルの購入やアクティブ・ラーニング・スペースの設置が進んでいるようです。
また、シングルサインオンを導入している大学が202大学となるなど、複数のシステムにシームレスにつなげる環境が整いつつあります。







戻る

Address

イメージ画像

〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦一丁目17-26
ラウンドテラス伏見ビル3F
TEL:052-229-0337 / FAX:052-229-0336

アクセスマップ

お問い合わせ、デモ依頼及び、その他資料請求などございましたらお気軽にどうぞ。


株式会社ジャスウィル 電話番号0522290337 WEBお問い合わせ