大学向けのシステムパッケージを販売、開発している愛知県名古屋市の会社です

明治大学:外国人留学生・日本人学生が共に暮らす
混住型学生宿舎を2016年に新設

TOP > 大学ニュース > 明治大学:外国人留学生・日本人学生が共に暮らす 混住型学生宿舎を2016年に新設

明治大学:外国人留学生・日本人学生が共に暮らす 混住型学生宿舎を2016年に新設

2014-07-15 12:26



明治大学は、外国人留学生と日本人学生が生活を共にする、定員200名規模の混住型学生宿舎を、和泉キャンパス(東京都杉並区永福)隣接地に、2016年に新設する予定です。

外国人留学生と日本人学生が共住する場を提供することで、日本にいながら日常生活の中で、異文化交流を深め、国際感覚を磨き、グローバル社会で輝く強い「個」の力を育み、学生宿舎を含むキャンパス全体を「学びの場」とする環境を整えることが目的です。
現在、設置されている、日本人学生と留学生の混住宿舎「狛江インターナショナルハウス」(東京都狛江市)と交換留学生用宿舎「和泉インターナショナルハウス」(東京都杉並区)に加え、学生宿舎をさらに充実・発展させていく計画です。


留学生を受け入れてキャンパス内で国際交流を図ることができる大学はたくさんあると思いますが、
同じ宿舎で生活することで何倍も多くの事を学ぶ事ができると思います。

文化や習慣の違いで課題や問題もあるかと思いますが、モデルケースとなって他でも実施されるようになって欲しいと思います。

戻る

Address

イメージ画像

〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦一丁目17-26
ラウンドテラス伏見ビル3F
TEL:052-229-0337 / FAX:052-229-0336

アクセスマップ

お問い合わせ、デモ依頼及び、その他資料請求などございましたらお気軽にどうぞ。


株式会社ジャスウィル 電話番号0522290337 WEBお問い合わせ