大学向けのシステムパッケージを販売、開発している愛知県名古屋市の会社です

北里大学:身近な海から新科新属新種のクラゲを発見、「リュウセイクラゲ(流星水母)」と命名

TOP > 大学ニュース > 北里大学:身近な海から新科新属新種のクラゲを発見、「リュウセイクラゲ(流星水母)」と命名

北里大学:身近な海から新科新属新種のクラゲを発見、「リュウセイクラゲ(流星水母)」と命名

2015-06-01 17:32
夏になると海水浴場に出現し、刺傷被害をもたらすのは箱型の傘を持つ立方クラゲ類である。この仲間は、立方型をした傘の四隅から、猛毒をもつ刺胞がぎっしりと詰まった触手を伸ばす。この触手に触れることで刺傷被害が出る。このクラゲの仲間にはアンドンクラゲや、人を死に至らせるほどの猛毒を持つハブクラゲなどがいる。
今回、北里大学の研究グループは、新種の立方クラゲ類を発見し、和名リュウセイクラゲ、学名「Meteorona kishinouyei」(正式表記は斜体)と名付けた。


まだまだ私たちの知らない生物が沢山いるかも知れないと思うと、なんだかワクワクしますね。
戻る

Address

イメージ画像

〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦一丁目17-26
ラウンドテラス伏見ビル3F
TEL:052-229-0337 / FAX:052-229-0336

アクセスマップ

お問い合わせ、デモ依頼及び、その他資料請求などございましたらお気軽にどうぞ。


株式会社ジャスウィル 電話番号0522290337 WEBお問い合わせ