大学向けのシステムパッケージを販売、開発している愛知県名古屋市の会社です

愛知工業大学 脈拍を感知して電子広告を送信

TOP > 大学ニュース > 愛知工業大学 脈拍を感知して電子広告を送信

愛知工業大学 脈拍を感知して電子広告を送信

2016-06-03 18:49
ショッピングモールで興味を持った商品を見つけたら、その商品の電子広告が腕にはめた端末(アップルウォッチ)へ送られてくる――。そんなシステムを、愛知工業大学(愛知県豊田市)の研究グループが開発した。精度を高め、3年後の実用化を目指している。

 開発したのは、同大情報科学部の菱田隆彰教授(44)と同大技術職員の池田輝政さん(38)。ソフトウェア会社のリオ(名古屋市)とともに昨年6月から共同研究をしてきた。


アップルウォッチを腕にはめた人が、店頭の商品を見たときに興味を示す=脈拍数が上昇すると、
送受信機がそれを感知してその商品の電子広告がアップルウォッチへ送信される仕組みだそうです。

興味がある人にターゲットを絞ることで効果的な宣伝効果が得られそうですね。
戻る

Address

イメージ画像

〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦一丁目17-26
ラウンドテラス伏見ビル3F
TEL:052-229-0337 / FAX:052-229-0336

アクセスマップ

お問い合わせ、デモ依頼及び、その他資料請求などございましたらお気軽にどうぞ。


株式会社ジャスウィル 電話番号0522290337 WEBお問い合わせ