大学向けのシステムパッケージを販売、開発している愛知県名古屋市の会社です

かぜ薬は、がん治療に効果あり。北海道大学の研究で判明

TOP > 大学ニュース > かぜ薬は、がん治療に効果あり。北海道大学の研究で判明

かぜ薬は、がん治療に効果あり。北海道大学の研究で判明

2016-10-19 18:56
がんの治療って、それ用に保険が必要になるくらいお金がかかるみたいです。でも北海道大学の研究で、安価なかぜ薬が難しいがん治療にも役立つらしいことがわかってきました。

北海道大学大学院医学研究科の田中伸哉教授・篠原信雄教授の研究チームは、ヒトのぼうこうがん細胞をマウスのぼうこうに移植して実験を行いました。
移植から1カ月半ほど後に分析すると、がんが肺などの臓器に転移していて、転移したがん細胞ではアルドケト還元酵素という物質が多くなっていることが確認されました。
実験の結果、このアルドケト還元酵素が、ぼうこうがんの細胞の動きや抗がん剤への抵抗力を強くしていることがわかったんです。

そこで研究チームは、アルドケト還元酵素の働きを邪魔するフルフェナム酸という成分をがん細胞に投与する実験を行いました。
するとがん細胞の動きが止まり、抗がん剤の働きも回復できることが確認されたんです。



ガンも風邪と同じくらい簡単に治療が出来たら良いですね。
戻る

Address

イメージ画像

〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦一丁目17-26
ラウンドテラス伏見ビル3F
TEL:052-229-0337 / FAX:052-229-0336

アクセスマップ

お問い合わせ、デモ依頼及び、その他資料請求などございましたらお気軽にどうぞ。


株式会社ジャスウィル 電話番号0522290337 WEBお問い合わせ