大学向けのシステムパッケージを販売、開発している愛知県名古屋市の会社です

名古屋大学:クフ王のピラミッドに未知空間を発見

TOP > 大学ニュース > 名古屋大学:クフ王のピラミッドに未知空間を発見

名古屋大学:クフ王のピラミッドに未知空間を発見

2016-10-27 08:10
名古屋大学高等研究院の森島邦博特任助教らの研究グループは、原子核乾板を用いた宇宙線による最新の技術で、エジプトのクフ王のピラミッド内部に未知の空間を発見した。

 同グループは宇宙線ミューオンラジオグラフィティ技術を採用。厚さ約0.3mmの薄いシート状の放射線検出器である原子核乾板を使用するもので、ミューオンと呼ばれる電荷をもつ素粒子の軌跡を0.1mm以下の精度で立体的に記録する特殊なフィルムである。ミューオンは高い透過力を持つ素粒子で1平方cmあたりの面積を1分間に約1個の割合で常に地上に降り注いでいるという。このため、観測に使用する場合、ミューオンが想定される数より多く検出されるとその方向には空間や低密度領域が存在することになる。

今回、研究グループは、クフ王のピラミッド内部へ繋がる下路通路にこの原子核乾板検出器を設置して観測。フィルムに蓄積した約870万本の宇宙線ミューオンの情報を分析した。その結果、ミューオンが多く検出される領域が確認され、北側から南側(中心方向)にかけて、空間があることが分かった。


未だに解明されていない謎が多くあるピラミッド。さらなる研究に期待ですね。
戻る

Address

イメージ画像

〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦一丁目17-26
ラウンドテラス伏見ビル3F
TEL:052-229-0337 / FAX:052-229-0336

アクセスマップ

お問い合わせ、デモ依頼及び、その他資料請求などございましたらお気軽にどうぞ。


株式会社ジャスウィル 電話番号0522290337 WEBお問い合わせ