大学向けのシステムパッケージを販売、開発している愛知県名古屋市の会社です

京都大学:地震古文書みんなで解いて アプリ開発、参加募集

TOP > 大学ニュース > 京都大学:地震古文書みんなで解いて アプリ開発、参加募集

京都大学:地震古文書みんなで解いて アプリ開発、参加募集

2017-01-11 21:01
昔の地震について、くずし字で書かれた古文書を現代の文字に変換する作業を、市民の参加を募ってネット上で進めるアプリ「みんなで翻刻(ほんこく)」を京都大古地震研究会が開発した。地震の史料を読み解き、新たな事実を発掘する狙いだ。

 国内各地に残されている古文書には、過去に起きた地震の場所や日時、被害などが記されたものがあり、大地震の発生間隔や地域性を知る貴重な手がかりになる。ただ、活用するには古文書のくずし字を現代の文字に変換する「翻刻」が必要で、地震の研究者では対応が難しかった。

 同研究会は、地域の古文書を解読している人や、翻刻に興味がある人の協力を得るためにアプリを開発。まずは、東京大地震研究所に所蔵されている「石本文庫」から、主に江戸時代の地震や災害を記録した古文書114冊分の画像を載せ、多人数が同時に翻刻できるようにした。くずし字の用例や熟語を学べる学習支援アプリとも連携しているほか、SNSを使って参加者同士で質問や回答をすることもできる。


約千年前の古文書から地震の歴史を正確に学ぶことが出来れば、今後の防災にも役立つのではないでしょうか。
戻る

Address

イメージ画像

〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦一丁目17-26
ラウンドテラス伏見ビル3F
TEL:052-229-0337 / FAX:052-229-0336

アクセスマップ

お問い合わせ、デモ依頼及び、その他資料請求などございましたらお気軽にどうぞ。


株式会社ジャスウィル 電話番号0522290337 WEBお問い合わせ