大学向けのシステムパッケージを販売、開発している愛知県名古屋市の会社です

京都大学:乳児はすでに“弱者を強者から守る”正義を肯定している

TOP > 大学ニュース > 京都大学:乳児はすでに“弱者を強者から守る”正義を肯定している

京都大学:乳児はすでに“弱者を強者から守る”正義を肯定している

2017-02-03 19:56
京都大学教育学研究科 明和政子教授の研究チームは、ヒトはいつから“弱者を強者から守る”正義の行為を肯定し始めるのか?について、前言語期のヒト乳児を対象に六つの実験を行い、その結果、正義の行為を肯定する傾向は、発達の早期にすでに認められることを明らかにした。

 弱者を強者から守る行為は、一般的には「正義」の行為として捉えられ、ヒト社会では賞賛の対象となっている。しかし、これまでの研究では、正義の概念は、生後の学習によって獲得されるのか、あるいは、生後早期からすでにみられる傾向であるかについては未解明のままだった。

 そこで、明和教授らの研究グループは、“弱者を強者から守る”正義の概念の原型は、発達の早期にすでに認められると仮定し実験を行った。実験では、6ヶ月児を対象に、「水色の丸いエージェント(動作主)が黄色の丸いエージェントを攻撃する場面を目撃した四角いエージェント(緑またはオレンジ)が、丸いエージェントの間に入って攻撃を防ぐ映像」と防がない映像を乳児に交互に提示。その後、攻撃を止めた四角いエージェントと防がなかった四角いエージェントの人形を乳児の目の前に提示し、乳児がどちらに手を伸ばすかを調べた。その結果、6ヶ月児は攻撃を止めるエージェントをより多く選択した。



赤ちゃんの頃から、「攻撃者」「犠牲者」「正義の味方」の関係性を理解している可能性が高いとは驚きですね。
なお今後は、研究の成果を元に、社会的課題のいじめの本質的な理解とその解決に向けた議論へつながると期待されています。
戻る

Address

イメージ画像

〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦一丁目17-26
ラウンドテラス伏見ビル3F
TEL:052-229-0337 / FAX:052-229-0336

アクセスマップ

お問い合わせ、デモ依頼及び、その他資料請求などございましたらお気軽にどうぞ。


株式会社ジャスウィル 電話番号0522290337 WEBお問い合わせ