大学向けのシステムパッケージを販売、開発している愛知県名古屋市の会社です

神戸大学、変換効率が50%超える太陽電池構造を発表

TOP > 大学ニュース > 神戸大学、変換効率が50%超える太陽電池構造を発表

神戸大学、変換効率が50%超える太陽電池構造を発表

2017-04-12 18:28
神戸大学の研究グループが、理論予測上の変換効率が最大63%に及ぶ新型の太陽電池セル構造を開発した。経産省が目標とする2030年の発電コスト7円/kWhを達成するには、太陽電池の変換効率を50%以上に引き上げる必要があるが、この太陽電池セル構造はその条件を十分に満たす。


従来の変換効率を大きく越える変換効率ですね。
実現すれば、もちろん発電コストが大幅に下がります。

我々の生活にはまだ関係が無さそうですが、
研究が進み、限りある資源を有効に使いながら、必要なエネルギーを得られる
仕組みができることを願います。
戻る

Address

イメージ画像

〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦一丁目17-26
ラウンドテラス伏見ビル3F
TEL:052-229-0337 / FAX:052-229-0336

アクセスマップ

お問い合わせ、デモ依頼及び、その他資料請求などございましたらお気軽にどうぞ。


株式会社ジャスウィル 電話番号0522290337 WEBお問い合わせ